住宅ローンの完済時にしておくこと

住宅ローンは何千万円という気の遠くなるような金額のお金を借りて返済をするわけですから、多くの人が何とか頑張って早く返済したいと思っています。
こまめに繰り上げ返済を利用して返すために節約をしたり、ボーナスを当てて返すなどいろんな努力をして、もう少しで完済できるというところまでくれば、家族としてもようやく重圧から開放されるのではないでしょうか。
そこで忘れてはいけないことがあります。
住宅ローンの完済が終われば確かに借金はなくなるのですが、契約時の抵当権は自動的に処理されるわけではないので、抹消のための手続きをしなくてはいけません。
そうでないと、売却を検討する時の障害にもなりますし、相続をしようとしたときの手続きが煩雑になります。
数年たって気がついて手続きしなくてはと思った時に抵当権の書類が見当たらなくて大変な思いをすることになります。
住宅ローンの完済が終わる時に、銀行側から抵当権の抹消について話もあります。
司法書士を紹介してくれることもあるので、仕事の都合で時間が取れない人や手続きが難しそうに感じるなら利用した方が間違いもありません。
自分でも行えますので、やりやすい方法で抵当権の抹消も手続きを済ませておきましょう。

Published by